新規会員登録バナーのCTRが改善できるまでの話

はじめまして!デザイナーの尾崎です。

初めての記事は、担当サイトのひとつである「ほいくらいふ」というサイトで、 新規会員登録のバナー改善をした時のお話をしたいと思います。

ほいくらいふとは?
「明日をもっと楽しく!」保育の役立つ情報サイト
ほいくらいふでは、保育士・幼稚園教諭・父親・母親・教育関係者を主とした保育に関わる人たちに、保育に関する有益でポジティブな情報と交流の場を提供しています。
https://hoiku-me.com/

概要


・ツール:f-tra CTA
※対象デバイススマートフォンタブレット
※閲覧ページビュー数:0~2PVのユーザー
※訪問回数:0~5回訪問のユーザー

・計測方法:勝ち抜け式
・計測期間:2018年1月~3月
・バナーの種類:全く異なるデザイン4パターン
※全く異なるデザインで比較した理由
CTRがあまり上がらなかったので、思いっきり違うデザインで試してみました。

検証


【1月】無料会員登録 vs 役立つ情報が手に入る

f:id:welks-kanako-ozaki:20180521182615p:plain

あまり大きな変化はありませんでした。
いつもの可愛らしいぴよまるから濃ゆいぴよまるにしたことと、ほいくらいふではあまり使わない青を使ったことで新鮮に見えたのか、少しだけ改善することができました。

【2月】役立つ情報が手に入る vs ポイントがたまる

f:id:welks-kanako-ozaki:20180521182716p:plain

1月と同じくあまり大きな変化はありませんでした。
「ポイントがたまる」ことを目立たせたことで少しだけ改善したので、 ユーザーは「役立つ情報」よりも、「ポイントがたまって何かもらえる」という部分に惹かれてたのかなと思いました。

【3月】ポイントがたまる vs 会員受付中

f:id:welks-kanako-ozaki:20180521182758p:plain

シンプルにしたことで、1月のAパターンの時と比較すると168%の改善をすることができました。
情報量を削ってシンプルにしたことで目に入りやすくなり、会員登録のアップに繋がったのかなと思いました。

まとめ


今回は、情報量が多いverからシンプルverにしたことでバナーのCTRが改善した、という結果を得ることができました。 発信者側からするとたくさん情報を掲載したくなりがちですが、訴求したいことを目立たせてシンプルにすることで、ユーザーに伝わることもあるのだと改めて学ぶことができました。
次回は、「シンプルverのデザインはそのままで文字変更をしてみる」「B・Cパターンのシンプルverも作成してみる」ということを試してみたいなと思いました。

シンプルにするだけが全てではないと思うので、今後も色々なパターンを作成して、ユーザーに刺さるようなバナー制作をユーザの立場になって取り組んでいきたいと思います。

すぺしゃるさんくす☆石田さん