カーニングのコツ

f:id:haruka-hosogai:20180629165225p:plain こんにちは。デザイナーの細貝です。

今回は、カーニングのコツについての記事です。

カーニングとは
文字と文字の間隔を調節する技法のこと。
広すぎたり狭すぎたりする隙間を調節することで、読みやすくします。

大学でデザインを習っていた頃、講師がよく「カーニングをしっかりするだけでデザインのクオリティーが変わるよ!」と言っていました。
私が当時からずっとやっているカーニングの方法を紹介していきたいと思います。

カーニングをしていない文字


f:id:haruka-hosogai:20180629163414p:plain ただテキストを打ち込んだだけの文字はこのような感じです。
文字同士の間隔がバラバラなのがわかると思います。
このような時に、カーニングをして間隔を揃えていきます。

コツ


f:id:haruka-hosogai:20180629163432p:plain まずは、頭から3つめの文字だけを見て間隔が同じになるように調節していきます。[alt+矢印キー]
次に、文字をひとつだけずらして3つだけ見て調節します。
これを繰り返してカーニングをしていきます。
f:id:haruka-hosogai:20180629163622p:plain 全体を見ながら行うより、一部分ずつ見ていくほうがわかりやすいです!

カーニングが完了したものはこんな感じ
f:id:haruka-hosogai:20180629163952p:plain 少しわかりづらいかもしれませんが、カーニング前のものを重ねると変わっているのがわかると思います。
(水色がカーニング前)
f:id:haruka-hosogai:20180629164705p:plain

カーニングの練習ができるサイト


type.method.ac 学生の頃、こちらのサイトでカーニングの練習をしていました。
(久しぶりにやってみましたが、完璧にはまだまだ遠かったです…)
回数を重ねることで徐々に感覚が掴めてきます!
細かい部分でもしっかり調節することで、より良いデザインができるように勉強していきたいと思います。