集中力が切れやすい人にオススメの時間管理法

デスクワークをしている人で、

・集中できる時とできない時の差が激しい ・午後になると集中力が落ちてしまう。

という人は、多いんじゃないでしょうか?

そんな人に向けて「集中力が持続する時間管理法」をお伝えします!

集中力を持続させるには「ポモドーロテクニック」がオススメ。

f:id:daisuke-kuwabara:20180912180335j:plain ポモドーロテクニックとは、

・25分間タイマーをかけて作業をする ・25分経ったら、5分休憩

これを1サイクルとして、「作業→休憩→作業→休憩」を繰り返していく、時間管理法。

3-4サイクルを繰り返したら10分-15分程度休憩を入れると、さらに効果的です。

「1時間集中しろ!」と言われたらしんどいかもしれませんが、 「25分集中しよう」ならできそうですよね。

作業中の注意事項

-1作業につき1タスク

25分に入れるのは、一つのタスクのみです。 「あれとこれとそれをやろう」 とすると、余計に集中できなくなります。

-5分休憩は必ずとる

「今、気分が乗っているから・・」 といって、25分を超えて作業するのはダメです。

作業時間を区切ることで集中力を維持するのが、ポモドーロテクニックの本質。

5分休憩は必ず取りましょう。

ポモドーロテクニックが集中力を保つのに向いている理由

f:id:daisuke-kuwabara:20180912180404j:plain 人間の集中力は、1時間や2時間も持続しません。 きっとあなたも「集中力切れてるなぁ」と思ったことが、あるんじゃないでしょうか?

ポモドーロテクニックは、25分経った時に集中していたとしても作業をやめます。 キリが悪くても作業を止めて休憩します。

また、同じ内容かつ1日で終わらないような作業であっても、25分単位で区切ります。 というように、1サイクルごとに区切ることで、メリハリある作業が可能になります。

短く区切ってリセットするからこそ、集中力が保てる。というわけなんですね。

カウントには、google chromeで動くポモドーロタイマーアプリがオススメ

タイマーカウントはスマホアプリなどでも可能ですが、PCで作業するのであれば

google chrome拡張アドオン「strict-workflow」がオススメ。

chrome.google.com

f:id:daisuke-kuwabara:20180912175924p:plain

ブラウザ右上の拡張アドオンエリアに、残り時間が表示される点も便利ですね。

ポモドーロテクニックで効率の良い作業を。

ポモドーロテクニックをおさらいすると、

・25分間タイマーをかけて作業をする ・25分経ったら、5分休憩 ・3-4サイクルを繰り返したら10分-15分程度休憩

たったこれだけ。 シンプルゆえにどんな作業にも使える時間管理法です。

「集中力に自信ないんだよね・・」

という人は試してみてください!