Facebook広告でイラストを使用する場合

こんにちは!デザイナーの尾崎です。

Facebook広告やLINE広告のバナーを制作する際は、テキストオーバーレイツールグリッドツールを活用しているかと思います。
ツールのおかげで入稿までのステップがスマートになり、デザイナー側としてもとてもありがたいです。

先日、この広告チェックツールで興味本位で試したことが、デザインをする上での今後の参考になるかなと思う出来事がありましたので共有したいと思います。

広告画像内のテキスト量は20%以下

Facebook広告とLINE広告には、「広告画像内のテキスト量は20%以下」という共通しているルールがあるかと思います。

先日、LINE広告のバナー制作依頼があったので、ツールでチェックして制作を進めました。

f:id:welks-kanako-ozaki:20181207122512p:plain

無事に入稿完了し配信されました、との報告を広告担当者からもいただきました。

ここで、「そういえばFacebookも同じ20%ルールだったなぁ」と思ったので、興味本位でFacebookのテキストオーバーレイツールで確認すると…

f:id:welks-kanako-ozaki:20181207122653p:plain

NGでした。

試しにイラストを小さくすると…

f:id:welks-kanako-ozaki:20181207122936p:plain

OKでした。

「栄養士のイラストの服装の白い部分がテキストと判断されたのかな」とも思い、栄養士さんを黒子にしてみると…

f:id:welks-kanako-ozaki:20181207123225p:plain

関係ないようでした。
同じ20%以内なのに謎ですね…

イラストはNG、写真はOK?

レイアウトを変えて、いくつかパターンを作ってみました。

思いきってイラストを少なくしたり…

f:id:welks-kanako-ozaki:20181207124938p:plain

文字数を削ったり…

f:id:welks-kanako-ozaki:20181207132437p:plain

調整するとOKパターンもできました!
それならばと、上記2パターンを組み合わてみると…

f:id:welks-kanako-ozaki:20181207133556p:plain

あれ…
理論上はいけると思ったのですがNGでした。

イラストがいけないのかなと思い写真に差し替えてみると…

f:id:welks-kanako-ozaki:20181207134222p:plain

まさかのOK。

Facebook広告でイラスト使用時は要確認!

LINE広告のツールではOKだったので、まさかFacebook広告のツールでNGになると思わず…小さな発見でした。

Facebook広告でイラストを使用する場合は、レイアウトやデザインをかっちり決める前に、大まかなレイアウトを決めて、ツールでOKが出てから微調整した方がスムーズに制作を進められるかもしれませんね。

これという解決策は見つけられませんでしたが、イラスト使用時は気をつけようと思える良いきっかけになりました。